1. ESS AdminONE
  2. 今、特権IDの管理が求められるわけ

今、特権IDの管理が求められるわけ

特権IDの管理が必要な3つの理由

システムに対してあらゆる権限を有する特別なアカウント「特権ID」は、その性質上、
不正使用や誤用によるシステムへの影響が大きく、適切な管理を行う必要があります。
昨今、コンピューターシステムを取り巻くさまざま変化によって、特権IDの管理の必要性は今まで以上に高まっています。

DX推進によって拡大するシステム

デジタル技術を用いた新たなビジネスの成長へつなげる取り組みであるデジタルトランスフォーメーション(DX)。DX推進によって企業のシステムはますます増大傾向にあり、要員不足によって特権IDの管理が適切に行われていない状況が増加しています。

クラウド利用の拡大やコロナ禍で広まったテレワークなど特権ID利用環境の変化

重要システムのクラウド利用やテレワークの普及によって、特権IDを使用するシステム管理業務の環境も大きく変化しました。従来のような、オンプレミスのみのシステム環境や、アクセス経路をセキュアルームのみに限定することが難しい状況となっています。
クラウド上のシステムに対して、外部委託先ベンダーによるリモートでの特権ID利用や、自宅からの特権IDを使用した本番システム操作などが仕組み上必要となる一方、これらの管理不備や統制不足が原因で内部者の不正やサイバー攻撃によるアカウント奪取などの問題を引き起こしやすい状況になっています。

ランサムウェアなどサイバー攻撃の激化・巧妙化

サイバー攻撃は、ますます巧妙化し感染を完全に防ぐことが困難になっています。攻撃者は、初期感染によって制御可能となった端末を踏み台に、最終目的を果たすため重要システムへの不正アクセスを試みます。強度が不十分なパスワードが設定されていたり、共通パスワードで端末やサーバーの認証ができてしまうなど、適切に管理されていない特権IDをターゲットにその認証情報を奪取するのです。

貴社ではこのような状態になっていませんか?

一つでも該当する場合は、不正アクセスのリスクが高い状態です。今すぐ改善を検討しましょう。

  • 特権IDの管理に関するポリシーが存在しない
  • 特権IDを複数の作業者で共有していたり、パスワードを使いまわししている
  • 誰がいつ特権IDを用いてどのような操作を行ったかトレースする仕組みが存在しない
  • インターネットに接続可能なPC上で重要なシステムの特権IDを常に利用している
  • システム管理を委託している外部ベンダーに特権IDを渡しっぱなしにしており、どのような管理がされているか把握していない

特権ID管理ならエンカレッジ・テクノロジにお任せください

エンカレッジ・テクノロジは、システム運用の認証・アクセス管理をご支援する純国産の専門ベンダーです。弊社がこれまで培ってきた特権アクセス管理のノウハウを詰め込んだ次世代型の特権ID管理ツール「ESS AdminONE」は、DX時代に求められる要件を包括的に満たし、お客様のシステムの安全と安定稼働に貢献します。

お問い合わせ

ESS AdminONEを
もっと知りたい方へ

製品の詳しい情報をまとめたカタログや製品のトライアル、お見積り等は以下より承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

ESS AdminONEの製品カタログや事例集はこちらよりご請求いただけます。

ESS AdminONEの無償トライアルは
こちらで承っております。

製品に関するご質問やお見積りのご依頼はこちらで承っております。